男らしい男はもう流行らない?現代に急増中のオルタナ男子とは!

 

 

○○男子って言葉をよく耳にしますが、昔は草食系男子と言って女性にかなり奥手な男性が増えたことでそのように呼び、今度は中性的な美男子としてジェンダーレス男子という言葉も流行りましたよね。ジェンダーレス男子は草食系男子のように奥手とかそういった異性に対する何かというよりは、女性男性の性別を超えたオシャレや美しさを表現する男子を言うため、あくまで中性的な存在なんだとか。

 

 

 

そして更に登場したのがオルタナ男子ですね。オルタナ男子とは何なのかというと、これも男性らしさではなく柔らかさを重視したような種類の男性を意味します。例えば、仕事ならお金よりも家庭・体格なら筋肉質よりも細身の体・強さよりも優しさ、といったものを重要視しているそうなんです。

 

 

 

女性からすると、女は家庭を守り男は家庭をかえりみず仕事をする!男は力だ!みたいな男性よりは家族を大切にしたり、優しさといった内面から支えてくれるような男性の方が人気がありますよね。

 

 

 

しかし、こうしたオルタナ男子にはある特徴を持っている人が多い傾向にあります。それが『女装』です。男らしさから遠のいているために女装をしてみたい、女装を楽しむ、といったオルタナ男子が増えているのかも知れませんが、あくまで女装を楽しんで解放感を味わったり違う自分を楽しむといった、一種の娯楽のようなものなので女性に興味がないとかではありません。

 

 

テレビでも『仕事終わりに女装をしに専門のお店に通う男性が増えている』といった紹介がありましたよね。メイクをして女性の服装をして自撮りをしたり街中を歩く。それがストレス発散になっているそうなんです。

 

 

 

そうした女装をする男性が増えているため、最近では女性化をしたい男性が増えているというのは当たり前なのかも知れませんね。