男がバストアップサプリをのんで副作用って?しかし、それって・・・

 
バストアップサプリはホルモンバランスが崩れて副作用が出る場合があります。

 

 

 

男性がバストアップサプリで女性ホルモンの分泌量をあげると体調不良といった副作用が出る場合があります。必ず副作用がおこるわけではなく、個人差があります。

 

副作用が出やすい人は、もともとの男性ホルモンの分泌量が高い傾向があります。そこからバストアップサプリの服用をきっかけに男性ホルモンの分泌量がガクッと下がってしまい、体調不良をおこす可能性があるといわれています。

 

 

 

主な副作用の症状

・頭痛・めまい
・筋力と体力の低下
・疲労感
・胸の痛み
・精神状態が不安定になる
・精力の減退と男性機能の衰え

 

これらの症状はすべてホルモンのバランスが乱されておこります。

 

大体、バストアップサプリを飲み始めてから1~2週間程で副作用がでる人がいます。
これは今まで男性ホルモンのテストステロンが多く分泌されていたところに、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が上回ったことで体力の低下、疲労感が増した気になります。このホルモンのバランスの変化は身体面以外に精神面にも影響を及ぼします。

 

また、精力が減退し男性機能の成長を阻害してしまった場合、生殖機能を失ってしまうこともあります。しかし、成人した男性は男性機能の成長は終わっているため、生殖機能は減退するものの生殖機能を完全に失うことはありません。

副作用は効果が出ている証です

副作用は必ずしも出るとは限りません。バストアップサプリを飲んだ男性の中には全く副作用を感じない人もいます。しかし、あまりにも無症状ではバストアップサプリの効果が発揮していないといえます。

 

 

 

効果的にバストアップサプリを摂取できていない理由は、

 

・体質にあっていないバストアップサプリを飲んでいる
・成分の過剰摂取によるもの
・バストアップサプリの摂取量が足りていない

 

などの理由が考えられます。

 

これらを解消するには

 

・バストアップサプリの成分やその配合量が自分にあったものを選んで飲む
・摂取量を抑える
・決められた量を飲む

 

など、サプリの飲み方を少し変えるだけで効果を発揮してくれるでしょう。

 

 

 

これは副作用が強く出てしまった男性にも当てはまります。成分や配合量を調節し、サプリメントの種類を変えるなど、ひとりひとりにあったバストアップサプリの飲み方をみつけましょう。あまり副作用のことは意識せず、まずは決められた用法・用量を守ってバストアップサプリを取り入れてみましょう。