おやじなのに胸が出てくる女性化乳房 実はこわい病気かもしれない

 

 

40代になってから急に女性のような胸になってビックリしている男性は結構いるのではないでしょうか。女性化乳房という男性なのに女性のような胸になるというものがあります。ホルモンが崩れたりする思春期や更年期などによく見られるもので、女性化乳房自体は病気ではありません。

 

男性ホルモンは30歳を過ぎたあたりから徐々に減少していき、更年期辺りになるとエスカレートします。そのため更年期の男性で女性化乳房が見られる割合は6割程度になると言われています。

女性化乳房の原因と隠された怖い病気とは?

肥満症であったり、皮膚の弛緩、皮下脂肪の沈着などもあります。これによって割合も高くなるのですが、ホルモンのバランスを崩している原因が病気の場合もあるのです。

 

女性化乳房の原因としては少ないのかもしれませんが、実は怖い病気が原因だった何てこともあるんですね。

 

肝硬変などの肝機能障害

 

肝臓では女性ホルモンの分解作業が行われます。そのため肝機能が低下してしまうと女性ホルモンの分解が出来ず、女性ホルモンを増やしてしまう事になり女性化乳房になることもあります。

 

性腺機能障害

 

男性ホルモンの生成量が減少してしまいますので、女性ホルモンの方が優位になって女性化乳房という結果になることも。

 

腫瘍

 

副腎腫瘍、精巣腫瘍、下垂体腫瘍、肝腫瘍などがあるとホルモンの乱れに繋がります

 

甲状腺機能亢進症

 

症状は動悸や息切れ、多汗症、震え、疲れ、体重の減少などがありますが、この病気になった人の1割から4割ほどの患者さんに女性化乳房が見られます。

 

 

 

女性化乳房が病気という訳ではありませんが、病気が原因だった場合を考えると恐ろしいですね。特に更年期に近い年齢層の方には注意が必要かと思います。思春期の女性化乳房は自然治癒される場合が多く、病気の心配もそこまで必要ではありません。見た目の問題に関しては、何歳でも気になるところですが…。

他にはこんなことが原因になることも・・・

他には薬であったり、アルコール、筋力増強剤なども女性化乳房の原因となることがあります。医薬品であれば医師に相談すればいいと思いますが、市販のものに関しては含まれる成分などのチェックも必要かと思います。筋力増強剤は男性ホルモンを増やすので問題ないんじゃないかと思いましたが、男性ホルモンが増加する事によって女性ホルモンも増加するからなんだそうです。

 

女性化乳房の状態も色々あります。女性のように両方ふっくらと膨らむ場合、片方だけ膨らむ場合、乳輪部分だけなど色々です。

 

大人になってから女性化乳房になってしまったら、やはり病気の心配もあるので一度受診してみた方が良いですね。受診するのはどこに行けばいいのか悩むところですが、MRIなどの画像検査も採血もしっかりしておいた方が安心なので形成外科か乳腺外科がおススメです。